スポンサーリンク
スポンサーリンク

【1566】上場インデックスファンド新興国債券から配当金を受け取りました。

coins

おはようございます。

2月18日付けで、上場インデックスファンド新興国債券(1566)の配当金を受け取りました。

現在2口だけ保有しており、配当総額は税引き前914円税引き後730円の受領です。

これまた小額ですが、なんとこのETF。年間6回の配当があり、配当金利回りはおよそ6%なのです!

スポンサーリンク

上場インデックスファンド新興国債券

上場インデックスファンド新興国債券は、日本市場で取引できる債券ETFです。

指数は円換算したブルームバーグ・バークレイズ自国通貨建て新興国市場債券・10%キャップ・インデックスです。禍々しい。

早い話、新興国の債券を各国10%を限度として保有するファンドです。

2月18日時点の価額は1口あたり47888円

今回の税引き前配当が1口当たり457円ですので、今回のみの利回りは1%弱

冒頭でも述べましたが、このETFは配当が年間6回あります。

それぞれ奇数月に確定。偶数月に支払いとなっており、今後もこの配当が続くとして、配当利回りは6%弱!!

過去5年以上、毎回500円程度の配当を支払い続けているETFです。

収益分配通知書はETFのムダ経費?

このETF。今回が初の分配金受領ですが、驚くことに収益金分配金計算書が届きます。

日本株を保有している方なら分かってもらえると思いますが、配当金振込みのお知らせみたいな、あの小封筒です。

日本株の場合は、年2回配当が多いですから年間に届く封筒は2つほど。(銘柄によって小分けでいろいろと届くところもありますが)

しかし、この債券ETFの場合は年に6回もこの封筒が届くと予想されます。

この封筒の作成手数料郵送料って、もしかしてETF経費に上乗せなんじゃないか・・・と思いバカバカしいなぁと思っている限りです。

このETFの口数が370000口です。複数保有している人が大勢いたとして、保有者は10000人と仮定。

スケールメリットが働き、1通の作成・郵送が100円で済むとしても、毎回の配当のたびに100万円の事務経費ですか・・・

100万円の事務作業なんて、社会の中では日常茶飯事なんでしょうけれど。

自分の保有しているETFでそんなお金の使いかたをされていると思うと、もう少しどうにかならないのかと思いました。

封筒は要らないので、配当金を5円でも10円でも上げてほしいところです。

今後のデジタル化に期待します。

以上。

↓のボタンクリックで応援をお願いします。日々のモチベーションに繋がります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カブナマズの高配当米国株投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました