スポンサーリンク
スポンサーリンク

【MO】米国タバコ株 アルトリアを買い増ししました。

tabacco

おはようございます。

ナマズです。

本日は、朝からこんなニュースを目にしました。

 日本たばこ産業(JT)は2日、喫煙が健康に与える影響の説明が不十分だったとして、カナダの子会社が、同国ケベック州の住民らに起こされていた訴訟の控訴審で、同州控訴裁判所から約17・7億カナダ・ドル(約1480億円)の損害賠償の支払いを命じられたと発表した。JTは「判決内容を精査し、上告も含めてあらゆる手段を検討していく」としている。

JT、加で1480億円賠償命令…控訴審も敗訴

これはJTのカナダ子会社の話ですが、時系列を追うと、

  • 「たばこで健康被害を受けた」として訴訟。(1998年)
  • 一審判決 控訴。(2015年)
  • 控訴の判決が出た。(先日)
  • JTは上告の予定。(これから)

長きにわたる裁判です。

タバコ株はこういった訴訟リスクが常に付きまとうため、一部の投資家からは敬遠されています。

しかし先週、ナマズは米国タバコ株であるアルトリア・グループを買い増ししてしまったのです。

スポンサーリンク

アルトリア・グループを購入!

株価51.70ドル30株を購入。

日本円換算で、計17万円程度です。

配当金履歴

アルトリア・グループからの直近の配当実績は以下のとおりです。

安定して支払いを行っており、かつ着々と増配をしています。

支払日配当額
2019/1/100.8ドル
2019/10/100.8ドル
2018/7/100.7ドル
2018/4/100.7ドル

配当利回り

既に、次回配当はアナウンスされています。

権利落ちが3月22日。支払いが4月30日。

配当額は0.8ドルをキープしています。

今後も0.8ドルが支払われるとして、年間の配当支払い総額は3.2ドル

現在株価が52.75ドルですから、その予想配当利回りは6%を超えています。

まとめ&感想

今回は、アルトリアグループを買い増しした記事でした。

タバコ株は1月下旬に暴落しています。

FDA(米国食品医薬品局)がタバコ規制の強化を検討していると報じられたからです。

しかしその後、すごいスピードで戻しており、現在は暴落前の水準まで回復しつつあります。

ジェレミーシーゲル氏の著書『株式投資の未来』では、「フィリップモリス株の長期トータルリターンは全銘柄中トップ」とされていました。

(アルトリア・グループはフィリップモリスから派生した会社です)

訴訟や規制で株価が上下しているうちに、地味に大きいリターンをもたらしてくれるものとナマズは信じています。(願望)

タバコ株は何度でも蘇る、フェニックスのように・・・!!

皆様の参考になると思うので、フェニックスの動画を貼っておきますね。

【こんなところにフェニックス】不死身編
↓のボタンクリックで応援をお願いします。日々のモチベーションに繋がります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
取引履歴
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カブナマズの高配当米国株投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました