スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ARCC】配当金受取が月をまたぐ銘柄をどう計上するか【VTI】

ナマズです。

3月には、私が保有しているARCCVTIの配当支払いが控えています。

しかし、ここでふと思うことがあります・・・。

VTIとARCCは、月末ギリギリが現地配当支払い日となっています。

具体的には以下の通り。

銘柄現地配当支払い日
VTI3/28(木)
ARCC3/29(金)

さて、これらの配当金を堂々と「3月に受け取った配当金」としてカウントできるでしょうか・・・!?

通常、現地で配当金が発生してから、我々の証券口座に届くまでは数日のラグがあります。

過去にナマズが受け取った、SOとXOMの例で見てみましょう。

(ちなみに、ナマズはマネックス証券を利用しています)

銘柄現地配当支払い日約定日受渡日
SO
3/6(水)3/8(金)3/12(火)
XOM
3/11(月)3/13(水)3/15(金)

サンプルは少ないですが、こうやって並べることで、傾向が把握できます。

推測も混じっていますが、おそらく以下の式が成り立つと思われます。

  • 約定日 = 現地配当支払い日 + 2平日
  • 受渡日 = 現地配当支払い日 + 4平日

ということは、VTIとARCCについても、以下の推測ができます。

銘柄現地配当支払い日約定日受渡日
VTI3/28(木)4/1(月)4/3(水)
ARCC3/29(金)4/2(火)4/4(木)

おっと、完全に4月の配当受取ということになってしまいましたね・・・。

3月に発生した配当金だということで、「3月分の配当金」とすることはできますが、ここは実受取日ベースで計上することにしておきます。

それに、外国税額控除の申告の際には、受渡日ベースで書類作成をするつもりなので、整合もとれます。

ということで、ナマズは月末現地支払いの配当は、翌月受け取りと考えておくことにしました。

以下は、これまでの月別の配当受取総額のグラフ。

3月もそろそろ終わってしまいますが、あとはRDS.Bが控えています。

ARCCVTIは4月送りとなります。

以上です。

↓のボタンクリックで応援をお願いします。日々のモチベーションに繋がります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資方針
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カブナマズの高配当米国株投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました