【ふるさと納税】今年は何を狙う?【独身サラリーマン】

スポンサーリンク
farm

おはようございます。

ナマズです。

先日、私の元へ1つの小包が届きました。

「あれ、通販で何も買ってないのに、なんだろう・・・?」

差出人は”静岡県小山町“。

「あっ・・・(察し)」

スポンサーリンク

みんなのふるさと小山町

闇ふるさと納税でお馴染み、静岡県小山町からのふるさと納税返礼品でした。

小山町といえば、ふるさと納税2,500円あたり1,000円分のAmazonギフト券を返礼してくれる優良納税先でした。

その返礼率は40%

昨年末の駆け込みふるさと納税の際に、ネットで大フィーバーになったことは記憶に新しいです。

節税にシビアなブログ読者の皆さんなら、小山町に寄付をした方も多いのではないでしょうか。

そして今回、私の元へも数万円のアマギフが届きました。

\ みんなのふるさと小山町 /

ふるさと納税規制

「今年も小山町にふるさと納税だ!」

そうしてしまいたいところですが、今年からは状況が変わってしまうようです。

2月上旬、ふるさと納税規制が閣議決定されました。

その内容を1行で言うとすると、「返礼品は、寄付額の3割以下の地場産品に限定」することに決まったのです。

昨年は、寄付金の3割を超える高額返礼品金券・ギフト券を返礼品に設定している市町村が多数ありましたが、現在ではそのほとんどが確認できません。

今年は何を狙う?

高額返礼の金券がなくなってしまった今年。

さて、何を狙っていきましょう。

ふるさと納税といえば、世間的には海鮮牛肉フルーツなど、グルメ関連のイメージが強いでしょうか。

納税先特産の食品を返礼品として送ってもらう。

まさに、ふるさと納税制度の本来の使い方だと思います。

しかし、ナマズは独身サラリーマン

ホタテ貝柱1kg」とか「牛肉1.5kg」、「桃5kg」は要らないです。

独りでは食べきれないですし、冷蔵庫にも入りません。途中で飽きます。

もっと地味でもよいので、コレは良い!!と思える納税先は無いのか・・・。

調べてみました。


10,000円の寄付で、12kgのコメがもらえるところが多かったです。

しかし、私は炊飯器を持っていないのでコメはパス。

炊飯器をもっている方だと、コメは候補に挙がるのではないでしょうか。

ペットボトル飲料

5,000円の寄付で、1箱(500mlペットボトルが24本)のところが多かったです。

種類は、茶や水、炭酸水など様々。

普段から、ペットボトル飲料を買っている人間なら、家計の支えになること間違いなしです。

しかし、ナマズは現在の水道水生活で不満はないのでパス。

ティッシュペーパー

10,000円の寄付で、ティッシュペーパー60箱が届くらしい。

普段スーパーで購入するティッシュは箱が5連になっているものが多いと思います。

それが、12セット届くのだから、たまげてしまいます。

ティッシュの消費量などカウントしたことは無いですが、年あたり1回頼めば十分凌げそうです・・・。

こちらは候補入り。

ふるさとチョイス

トイレットペーパー

こちらは10,000円の寄付で、96ロールのトイレットペーパーが届きます。

通常のトイレットペーパーは12ロールで1パックなので、それが8パック届くということ。

8パックもあって、いつ使いきれるのかが謎ではありますが、一応候補入り。

ちなみに、私はトイレットペーパーに関してはダブル派ですが、ダブルの返礼先、シングルの返礼先どちらも確認できました。

ふるさとチョイス

カップ麺

冷凍・冷蔵要らずで長持ちする商品といえば、カップ麺。

調べてみると、カップ麺詰め合わせを返礼品とする市町村はたくさんありました。

しかし、その殆どは名前も味も知らないローカルカップ麺の詰め合わせ

そんな中、ほかの詰め合わせとは一線を画した詰め合わせを発見。

日清食品のカップ食品17品の詰め合わせ。寄付金額は10,000円です。

これは年内に3回ぐらいリピートしてしまうかも!!

↓以外の日清詰め合わせもあるみたいなので、気になる人は調べてみてください。

ふるさとチョイス

まとめ&感想

そんなこんなで、ナマズの納税先候補が、いくつか決まりました。

ふるさと納税のようなお得制度は、できるかぎり有意義に使っていきたいところです。

次回へ続く・・・(かも)

以上です。

↓のボタンクリックで応援をお願いします。日々のモチベーションに繋がります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カブナマズをフォローする
カブナマズの高配当米国株投資

コメント