日銀が毎日欠かさず12億円以上の日本株を買い付けている事実。

スポンサーリンク
yukichi

こんばんは。

カブナマズです。

先日、こんなニュースを目にしました。

日本銀行が大規模な金融緩和で買う上場投資信託(ETF)の保有が膨らんでいる。株式投資を促す「呼び水」の位置付けだったが、今は株価下落局面での買い支え役で、昨年の購入額は過去最高になった。

日銀、膨らむETF保有 株価17%下落なら「含み損」

前々から話題にはなっていますが、日銀は日本株の買い入れを着々と進めています

2013年、黒田総裁着任後の異次元緩和政策によって買い入れが始まり、2016年ころからは年6兆円ペースで買い入れを進めているとのこと。

そして、ナマズは日銀関連の記事を見るたびにこう思っていました。

「これって、日本株式市場全体からみたらどの程度のインパクトなん?」

年6兆といっても、庶民からしてみれば実感がわかない数字です。

いろいろな数字と比較しながら見ていきましょう!

スポンサーリンク

日本の株式市場の総額ってどれくらい?

東京証券取引所の公開データによると、2019年2月末時点の日本株式市場総額は約629兆円でした。

ちなみに、米国の株式市場はというと3000兆円クラスです。(為替・値動きで日々変動)

国別の株式市場総額では堂々の1位

日本と中国で、株式市場総額の2位と3位を争っているという状況です。

日銀が2018年に買い入れたETFってどれくらい?

日銀の公開データから、日次の買い入れデータを確認することができます。

Excel形式でダウンロードすることができ、開いてみると以下のような感じです。

なんと、平日は毎日欠かさず12億円の買い入れを行っています!!

そして、ランダムで735億円や12億円の買い入れを追加で行っています!!

きちんと毎日分散して投資するのはわかるけれど、額がデカすぎでしょう・・・苦笑

それをグラフにしてみると以下のようになりました。

着々と買い入れを進めた結果、2018年の買い入れ総額は約6.5兆円でした。

735億円の買い入れが14回で約1億円ですから、2018年で80日ぐらいは大きい買い入れを行っている日がある計算になります。

そして、年間の平日日数は240日ぐらいですから、平日(株式市場営業日)のうちの3日に1日は735億円を買い入れている計算になります!!

( ^ω^)・・・!?

日銀がこれまでに買い入れたETFっていくら?

2019年の2月末時点で24.5兆円です。

上述しましたが、日本株式市場の総額は600兆円台でした。

ということは、日本株式市場のおよそ4%ぐらいは日銀が保有しているということになります。

そして「毎年6兆円ペースで買い入れを継続していく」ということは、「日本株式市場のうち日銀の保有率は毎年1%上昇していく」というイメージで、概ね間違いないでしょう。

それにしても、日銀が株をこんなにも買うってのは、国ぐるみのチートじゃないですかね笑

まとめ&感想

2016年には15000円~16000円だった日経平均株価は、2018年の高値時には24000円台に乗りました。

別の経済的要因もあるのでしょうが、株価上昇の理由の1つには、間違いなく日銀によるETFの買い入れがありました。

現在でも、毎日12億円+ランダムで数十~数百億円の買い入れは継続していますが、もし日銀が買い入れをストップすると明言するとしたら、株価はどう動くでしょうか。

ETFを買うフェーズが終了したということは、保有するフェーズを経て、いずれETFを売るフェーズがやってくるということです。

数十兆円もの日本株が、今後数年~十数年でジワジワ売られるとして、それ以上に日本株が上昇する要因が見つかるでしょうか・・・?

どんな投資家でも、ジリジリ下げるとわかっている株なんて保有していたくはありません!!

日銀が出口戦略を発表したことによって、そのような集団心理が爆発したとすれば、株価はどのような値動きを見せるでしょうか。

個人投資家の皆さんは、日銀が出口戦略を発表するよりも前に、日本株式投資を脱出したほうが安全であるといえます!!

と、勢いよく煽るつもりは無いのですが、オリンピック特需の終了、超高齢化社会への突入などの要因もあるにはあるので、日本株への投資には慎重になった方が良いのではないかと思います。

本質的には、成長を続けると思える国に投資をすることが、株式投資における正解であり、資本主義の本質だと思いますよ。やっぱり。

そしてナマズは、その正解候補の1つが米国株投資だと信じて、投資を続けることにします。

以上です。

↓のボタンクリックで応援をお願いします。日々のモチベーションに繋がります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カブナマズをフォローする
カブナマズの高配当米国株投資

コメント