スポンサーリンク
スポンサーリンク

働き方改革はいつ始まるのか。

business-man

ナマズです。

昨日も安定の残業。

アメリカ市場の開場と同じ時間に仕事が終わりました笑

そんな中、4月からひっそりと働き方改革法案の適用開始が始まっております。

具体的には、「残業時間の上限超過に罰則がつく」ことや「年間5日以上の有給休暇取得の義務化」などの項目があります。

それに伴い、ニュースでは以下のような取り組み事例が紹介されていました。

職場に「蛍の光」を流して退勤を促したり、有休を連続取得した社員に奨励金を支払ったり。在宅勤務の大幅拡充を始めた神戸製鋼所(神戸市中央区)のように、働き方を抜本的に見直す動きも広がっている。

出典:働き方改革へ企業本腰

社会的に働き方改革に注目が集まっていのは良いことですが、このニュースで取り上げられているような施策に効果があるといえるでしょうか。

“職場に「蛍の光」を流して退勤を促す…”

「もうこんな時間か、帰らなければいけないな!」という意識を起こさせるには有効なのかもしれません。

しかし、蛍の光のメロディを流したからといって、仕事の量は減りません

“有休を連続取得した社員に奨励金を支払ったり…”

有休を連続して取得させ、リフレッシュした気持ちで社員が仕事に臨めるようになれば、生産性は向上するでしょう。

しかし、いくらか効率がよくなったところで、仕事の量は減りません

スポンサーリンク

本来、働き方改革において考えなければいけないことは「なるべく無駄な仕事を減らしつつ、どれだけ今以上の利益を出せるようにするか」です。

そのための下手なアピール施策は本来必要なく、業務フローを熟知しておりコスト意識の高い役職者がズバズバと仕分けをしていくことが本当の働き方改革につながるのだと思います。

数年前から「朝方勤務の導入」をすすめている某商社もあるようですが、朝方勤務を行ったからといって、仕事の総量は変わらないはずです。

夕方に早く帰ることができ、家族との時間が増えることもあるかもしれません。

その結果、QOLは向上するかもしれませんが、仕事の総量は変わりません。

更に必要なのは、年功序列の廃止明確な評価基準の策定。

あまり働かずITも苦手なおじさんは、必死なように見えて効率は悪い。

ITにも強い若者はとてつもないスピードで業務をこなすも、評定は並み。

年功序列により有耶無耶にされている評価制度、給与基準により、若い労働者は明らかに搾取されていると感じる今日このごろ。

若い労働者が求めている、本当の働き方改革はいつ訪れるのでしょうか。

あなたの会社では、本当の働き方改革が訪れる雰囲気はありますか?

ナマズの会社には、働き方改革が訪れる予兆はありません・・・。

カブナマズ
カブナマズ

だって、人手不足が深刻な建設業は働き方改革法案に5年猶予つきwww

残業時間上限の適用は2024年からンゴwww

それまでは残業し放題ンゴねぇwww


↓のボタンクリックで応援をお願いします。日々のモチベーションに繋がります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カブナマズの高配当米国株投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました