スポンサーリンク
スポンサーリンク

米国株ポートフォリオ【2019年6月10日】

ナマズです。

本日は、米国株ポートフォリオの状況確認です。

スポンサーリンク

米国株ポートフォリオ(一覧表)

まずは、保有銘柄の一覧から見ていきましょう。

ティッカ銘柄口座株数評価額[円]評価損益[円]損益率
ABBVアッヴィ特定35291,799-49,374-16.92%
ARCCエイリスキャピタル特定150289,8417610.26%
BTIブリティッシュアメリカンタバコ非課税60233,365-17,901-7.67%
MOアルトリアグループ特定70376,317-68,620-18.23%
NGGナショナルグリッド非課税1054,917-3,493-6.36%
PMフィリップモリス特定30250,730-322-0.13%
PMフィリップモリス非課税541,7884,44310.63%
RDS.Bロイヤルダッチシェル特定70484,009-21,013-4.34%
RDS.Bロイヤルダッチシェル非課税35242,0049,2893.84%
SOサザンカンパニー特定40237,19525,66010.82%
SPYDS&P高配当株式ETF特定130523,206-19,802-3.78%
TAT&T非課税1034,2741,1973.49%
TAT&T特定150514,1188,4101.64%
VTIバンガード全米株式ETF特定19297,36411,5443.88%
VZベライゾン特定40246,80312,5565.09%
WBKウェストパック銀行非課税2552,3091,9843.79%
XOMエクソンモービル特定20157,914-1,389-0.88%
****4,327,953-106,070-2.45%

今年に入ってからは2018年末の暴落からの回復相場ということもあり、「何を買っても含み益」のような状態が続いていました。

しかし、ここ数週間で状況は一変。

景気減速、関税政策の影響で、エネルギー関連の銘柄が上下するほか、販売数量の低下により、タバコ関連銘柄が売られる状況が続いています。

その結果、ナマズのポートフォリオでも、エネルギー関連としてロイヤルダッチシェル(RDS.B)、エクソンモービル(XOM)が含み損に転換しました。

また、タバコ株であるアルトリアグループ(MO)、フィリップモリス(PM)、ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)も含み益に転換したり、含み損が拡大したりしています。

米国株ポートフォリオ(円グラフ)

上の一覧表を円グラフにしたものが以下です。

※特定口座とNISA口座の合計保有数量が大きいものから並べています。

トップはRDS.Bの17%です。XOMと合わせて合計21%程度がエネルギー関連銘柄です。

2番手はTです。同じく通信のVZと合わせると、合計19%が通信関連銘柄ですね。

3番手は、先日買い増ししたSPYDです。S&P500のうち高配当の銘柄を集めた指数を採用している優秀なETFです。

その他、MOが9%、PMが7%、BTIが5%ということで、タバコ銘柄は合計21%の保有となっています。

良い具合に分散が効いてきたと思っているので、とりあえずは銘柄数を増やすことは、もう考えていません。

まとめ&雑感

2019年6月10日時点の米国株ポートフォリオをチェックしていきました。

ここ数日の米国市場はほどほどに堅調です。

特に、マイクロソフト(MSFT)が史上最高値を更新するなど、ICT関連の銘柄が好調です。

これからも成長を続けていくであろうICT企業の成長をうまく享受していくことは、投資家にとって絶好のチャンスといえます。

しかし、成熟高配当銘柄に偏ったナマズのポートフォリオはというと、保有割合7%のVTIに若干のICT銘柄が組み入れられている以外、ICT銘柄の伸びは殆ど関係ありません。

これは、非常にもったいないことのように思います。

この先、ICT銘柄を直接買い付けするまではいかないかもしれませんが、VTIVOOなどを買い付けることによって、間接的にICT銘柄の伸びを取り込みたい気持ちはあります・・・。

そのほか、「高配当だから」という理由だけで買い付けたABBVMOが大きく含み損の状態となっています。

「株価の波がある中で、今がたまたま低い時期にある」、ということであればこれら銘柄の長期保有は報われるでしょう。

しかし、このまま株価がズルズル下がっていくということであれば、長期の保有は何も生みません。普通預金でもしていたほうがましです。

「辛くなったとしても、最初に決めた投資方針を貫き通さないと、その投資方針に応じた恰好の儲け場を逃すことになってしまう」と言われますが、あくまでも投資を続けていく中で柔軟でありたいなと思います。

高配当投資歴5か月時点での感想でした。

以上です。

     
↓のボタンクリックで応援をお願いします。日々のモチベーションに繋がります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
投資方針
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カブナマズの高配当米国株投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました