スポンサーリンク
スポンサーリンク

【VTI】18万円分のバンガード全米株式ETFを買い付け!

ナマズです。

先日、18万円分のVTI(略称:バンガード全米株式ETF)を買い付けしました。

スポンサーリンク

シンプルなポートフォリオを目指して・・・

現在、私のポートフォリオには15銘柄の米国株(ETF・ADR含)が生息しており、これ以上増やしたくはないなぁと常々思っています。

こういうときには、単純に個別銘柄数を減らす手法も考えられますが、個別株の代替としてETFを活用し、株式を束ねていくというのも、ひとつの手法かと思います。

さて、突っ込みどころは満載かもしれませんが、先週末には以下の絵のようなシンプルなポートフォリオを妄想していました。

半分がVOO(VTIでも可)で安定した成長を享受。そのほかは好き勝手に買うが基本的にはETFという手法です。

VDCとVGT

上のグラフで出てきたVDC(生活必需品)とVGT(情報技術)について少し補足情報です。

VDCはバンガードの生活必需品株式ETFです。組み入れ上位は以下のような銘柄となっています。

PG, KO, PEPなどの連続増配安定株式に加え、PMMOなどのタバコ株も良い感じに組入れられています。

配当利回りも3%ぐらいとそこそこ高く、そこそこ安定した利益をもたらしてくれるETFです。

また、VGTは同じくバンガードの情報技術株式ETFです。上位組入れ銘柄は以下の通りです。

MSFTAAPLに加え、キャッシュレスで注目の集まっているV, MA, PYPLが組入れられています。

私はandroidやLinuxでいいじゃん派なので、個人的にはAAPLの比率が大きいことが気に入りませんが、それでも優秀なETFかと思います。

これらVDCVGTに加え、高配当株ETFヘルスケアETFを混ぜてみたら、ぼくのかんがえたさいきょうのETFポートフォリオだなぁ・・・と妄想していたのですが・・・。

それならVOO(VTI)でいいじゃんw

生活必需品も欲しい、情報技術も欲しい、AMZNGOGLの成長も享受したい・・・などなどを総合的に考えてみると、回りまわって「VOO(VTI)でいいじゃんw」という考えに戻ってきてしまいます。

そういった意味考えがあったうえでの、VTI18万円分買い付けでした。

安定的なキャピタルが欲しければ、VOO(VTI)を買う。

配当金を増やしたければ、VYMSPYDを買う。

ちょっとセクターの比率を増やしたくなったら補助的にVDCやらVGTを買う。

それでも多く保有しておきたい個別株がいるならば、やむを得ず個別株を買う。

それぐらいシンプルに、労力をかけずに投資を続けていきたいと思っています最近。

一級建築士試験に向けて、なかなか時間が取れない今だからこそ、強くそう思うのかもしれませんが。

ま、現在保有している15銘柄を処分して、すぐに買い替えなおすとかいう衝動的なことはしないですが、徐々に徐々にシンプルなものにしていければと思っています。

この辺りは、投資目的や期待したいリターンを明確に定めて、それを達成するために投資手法を改める。

いわゆる、自分を見つめる時間が必要なのだと思います・・・。

なかなか仕事が忙しいですが、あくまでも徐々に徐々に・・・。

本日は以上です。

↓のボタンクリックで応援をお願いします。日々のモチベーションに繋がります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
取引履歴
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カブナマズの高配当米国株投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました