スポンサーリンク
スポンサーリンク

【配当金】2019年10月の配当金は22,464円でした。

increase

勘と雰囲気で高配当の米国株を中心に投資を続けるナマズです。

本日は10月に受けとった配当金(分配金も含む)の集計を行いました。どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

10月に配当金を受け取った銘柄リスト

10月に配当金を受け取った銘柄を表にまとめました。

ティッカ銘柄名保有数税引き後
受取額
SPYDS&P500高配当ETF160株$51.4
ARCCエイリス・キャピタル150株$45.2
MOアルトリア・グループ70株$42.2
PMフィリップ・モリス30株$28.0
PMフィリップ・モリス(NISA)5株$5.84
1566新興国債券ETF2口656円
9283日本再生可能エネルギー
インフラ投資法人
2口3,200円

あわせて6銘柄から配当を受領しました。これらの合計が約208ドル。日本円換算で22,464円です。

今回は特に、以下3銘柄の配当金の割合が大きかったです。

  • 65万円分のSPYD
  • 30万円分のARCC
  • 40万円分のMO

この3銘柄で15000円くらいの配当金を受け取っています。

10月は日本再生可能エネルギーインフラ投資法人の支払い月

10月は日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)の配当支払い月でした。

本ファンドは毎年1月と7月に決算があります。

今回受け取ったのは7月期の分配金で、その額は3,297円でした。インフラファンドの分配金は税制がやっかいで、今回の分配金内訳は以下の通りでした。

分類名金額税制上の扱い
利益分配金1,927円配当所得
一時差異等調整引当額80円配当所得
その他の利益超過分配金1,290円損益譲渡

ご覧の通り、利益分配金一時差異等調整引当額は配当所得となりますが、その他の利益超過分配金については損益譲渡扱いとなってしまい、「配当金(分配金)」とはなりません。

なので、今回の「10月に配当金を受け取った銘柄リスト」には、その他の利益超過分配金は含めていません、

これら扱いについては、過去に軽くまとめています。

まとめ

10月に受け取った配当金をまとめました。

その合計額は22,464円でした。

サラリーマンとしての給料に比べれば微々たる額ではありますが、配当金による収入は完全な不労所得です。時間を消費せずともチャリンチャリンとナマズの財布にお金を入れてくれます。投資先の役職員の皆様方、ありがとうございます。

このまま、配当金をチャリンチャリンとゲットできる状態を維持していきたいと思っております。

さて、以下のグラフは、2019年の月別の受取配当額を示しています。

dividend-chart

右肩上がりとはいきませんが、受取配当額は徐々に大きくなっていく傾向にあると思われます。そして、今月は今年2回目の200ドル超えです。素晴らしいですね~~~。

ナマズはこれからも、高配当株を中心とした銘柄に対して、勘と雰囲気で投資を続けていきます。そして、将来の漠然とした不安を少しでも取り除くための準備を続けます。

以上です。

↓のボタンクリックで応援をお願いします。日々のモチベーションに繋がります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カブナマズの高配当米国株投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました