現在の状況整理と投資3年間(2019~2021)の目標

スポンサーリンク
plan 投資方針

私の現在の状況整理を行い、ついでに3年間の投資方針を書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

2018年は確定損失を出しました

私には2018年分としておよそ135万円の確定損失があります。勉強せずに株式投資を行い、暴落時に狼狽売りを実行したクソ素人投資家の末路です。

 

そのため、2019年は確定申告を行い繰越控除を申請するつもりです。繰越控除を申請することで、確定損失は3年間に渡って通算して計算できるようになります。

具体的には、非NISA枠での2018年の損失は、同じく非NISA枠での2019、2020、2021の3年間の利益と相殺することができ、税制上有利となります。

 

そのため、少々逆説的ですが2021年末までに非NISA口座で135万円以上の利益確定を行うことは目標のひとつとします。

現在の資産状況

塩漬け分を除くと、現在の資産はおよそ500万円あります。

 

ブログ開始時点での資産状況は以下記事を参照ください。

これからの入金計画

私はサラリーマンなので給料を証券口座へ入金することができます。

月々の給料

手取りの資金から、衣食住・交際費を差し引いたとして、毎月20~25万円の範囲内で証券口座へ入金を行う予定です。

 

投資を行う際には入金力の額が重要だということは学びました。若いうちに巨額の資金を投入することで、資産は複利効果で大きく増大します。

 

上記の入金を継続するためにはそれなりの節約生活を強いられることとなりますが、経済的な自立のためにはやむを得ずです。

幸いにも、会社の借上寮に入寮できているため、家賃光熱費は数万円に抑えることができていることは大きいと感じます。

年2回のボーナス

賞与は年に2回、手取り30~70万円程度が見込まれます。

 

数値に幅があるのは、私の働きっぷりや会社の業績によって額が大きく変動するためです。精一杯働くつもりではありますが、評価や業績は個人ではコントロールできません。

 

賞与は 30~70万円 をフルインベストする予定です。

 

給与分と賞与分の入金を合わせると、
(20~25 * 12) + (30~70 * 2) = 300~440万円 となります。

中央の値を採用するとして、年間の給与からの入金額は370万円を目標とします。

利益予定額の概算

現在の資産500万円とサラリー370万円に対して、年間利回り5%が3年間継続すると仮定すると、年間の利益は以下のように概算できます。

 2019年の利益 (500 + 370) * 0.05 = 43.5万円
 2020年の利益 (500 + 370 * 2) * 0.05 = 62万円
 2021年の利益 (500 + 370 * 3) * 0.05 = 80.5万円

これらをすべて合計すると186万円です。

 

実際には、給与を受け取ってから利益化できるまでにラグはあるでしょう。それに、この計算には複利計算がされていません。

株価や配当額も常に変動しているので、あくまでも概算だけに留めますが上記ぐらいの利益をあげることができれば万々歳です。

まとめ

ということで、この3年間(2019~2021)の目標や理想は以下となります。

  • 毎月、手取りの6~8割である、20~25万円を証券口座へ入金する。
  • ボーナスは全額、証券口座へ入金する。
  • 年間総額、370万円を目標に証券口座へ入金する。
  • 2021年末での利益確定額は最低でも135万円。
  • 目標は180万円!!。

結果を出すには時間が掛かりますが、コツコツ地道に資産を増やしていきたいです。

以上。

コメント