スポンサーリンク
スポンサーリンク

持株会の株を売却するために、野村證券に口座を開設します。

ナマズです。

このたび、持株会の株式を売却するために動き出しています。

スポンサーリンク

持株会のメリット

これまで、ナマズは入社以来、数年間にわたって持株会へ投資をしてきました。

明らかにおトクだと考えていたからです。

例えばですが、奨励金が10%の持株会があったとします。

この持株会では、毎月30,000円を拠出することで10%の奨励金が上乗せされ、33,000円の自社株を買い付けすることになります。

この差額3,000円は、「持ち株買ってくれてありがとう」の気持ちで会社が出してくれます。

これが毎月ですから、持株会への拠出を継続的に行うことで、バカにならない額のお金が貰えることとなります。

上記の例だと、12か月分で36,000円ものお金(株式)を貰えます。

通常の株式取引を考えてみて、コカ・コーラの株式を100,000円分買い付けたら、その時点でなぜか110,000円分の株式を保有したことになっているなんて、普通はあり得ませんよね。

持株会には、それほどの破壊力があります。

そのため、ナマズも拠出を続けてきたのです。

その総額は100万円に届こうかというところですが、このあたりで持株会のデメリットや出口戦略を考え始めます。

持株会のデメリット

持株会のデメリットは、積み立てれば積み立てるほど、勤務先への資産依存度が高まるということです。

もしも勤務先が大問題を起こしたときのことを考えてみてください。

給料は昇給なし。場合によっては減額。

もちろんボーナスも無しか減額。

そして、持株会へ預けている株式の価格も、投資家たちの動きによって変動していきます。

数十万円、数百万円と積み立ててきた持株会の株式の価格が半分~3分の1になってしまっては、奨励金の上乗せ分もかき消されてしまいます。

普段やりくりしている証券口座の中では、数百万円を十数銘柄に分散している方は多くおられるかと思います。

ナマズもそうです。

しかし、すこし視点を広げ、勤務先から得ている賃金持株会の株式、場合によっては財形貯蓄(社内預金)を合わせると、勤務先と運命共同体になってしまっている方はいませんか?

もちろん、「勤務先の株価は将来的に成長を続ける!」であったり「勤務先は絶対に潰れないし大問題も起こさない」ということであれば問題はありませんが、そう言い切れる人なんているでしょうか。

ナマズは総合建設業、いわゆるゼネコンで働いています。

そのゼネコンは連続増配銘柄でなければ、高配当銘柄でもありません。

なので、株式を長期で持っていたからといって、継続的に配当がもらえるわけではありません。

現在はオリンピックや再開発乱発による特需のために大きな利益を出せており、このところ増配傾向にありますが、そのうち減配することは見え見えです。

さらに、将来的には国内建設需要の落ち込みにより、利益は減少し、株価もジリジリ下げていくものと推測しています。

株価が下がらないうちは、上乗せされた奨励金だけ得をしますから今のうちに売却してしまいたいところです。

さて、持株会を売却するにはどうればいいのでしょうか。

持株会の株式売却ステップ

社内ポータルで「持株会」について調べてみました。

どうやら、社内には「持株会」という組織があり、持株会規則とかを定めたり、拠出額を管理したりしているようです。

しかし、株式自体を管理しているのは、持株会から委託された野村證券とのこと。

(ナマズの勤務先の場合は野村證券でしたが、勤務先の持株会によっては、大和証券だったりSMBC日興証券だったりすると思います。)

そして野村證券は何をしているのかというと、委託元の持株会の会員(社員)ひとりひとりに、持株会口座を開設して提供しています。

その持株会口座内で、毎月の買い付けや、配当再投資が行われていたようです。

しかし、持株会口座から売却の指示は出来ない、とのこと。

そのため、持株会の株式を売買するためには、以下の手順を踏まなければいけません。

  1. 野村證券の個人口座を開設
  2. 持株会口座から、個人口座へ株式移管(株式振替)
  3. 個人口座で売却指示

今回は、ステップ1として野村証券の口座を開設してみました。

野村證券の口座を開設

野村證券のネット証券口座の名称は「 野村ネット&コール 」というらしいです。

というわけで、開設申し込み。

流れは、SBIやマネックス、楽天証券の口座を開設するときと同じでした。

ネット上で個人情報を入力し、本人証明証の画像をアップロードしたりするだけで、申し込みは完了。

この時点では、持株会口座との紐付けは全くなし。

個人口座の開設後に紐付け作業をしてから、株式移管の手続きを行うらしいですが。

とりあえず、口座開設が完了するのを待ちます。

本日は以上。

次回へ続く(かもしれない)

↓のボタンクリックで応援をお願いします。日々のモチベーションに繋がります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カブナマズの高配当米国株投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました